自分なりの良い病院の選び方について TOPコンテンツ一覧 >話をきちんと聞いてくれるか

話をきちんと聞いてくれるか

常に混んでいる医院や大きな病院などでは、先生一人に対して受診する患者数が多いのもあるため、せわしなく流れ作業の問診・受診になってしまっている印象を受ける事があります。
しかし、病院の混み具合・大きさ関係なく患者の話をきちんと聞いてくれる先生は話を聞いてくれます。
話を聞いてくれる先生というのは、診察室に入っていった時に「こんにちは」「どうぞ」などこちらを見て挨拶をして、「今日はどうしましたか」とこちらを向いて目を見て話してくれます。
「どうぞ」と声はかけてもこちらを見ない、カルテや検査結果ばかりを見ていて、患者の方を見向きもしない場合は、それだけでもちゃんと診てくれているのかと不安になってしまいます。
話を聞いてくれるという事は、問診を丁寧に行っている、病気や症状に対する説明を細かく行ってくれる、という事につながってきます。
患者側は何も分からない素人ですので、何を説明すればよいのか、何の病気なのか分からないのです。
どんな症状を訴えていて、どんな病気の疑いがあるのか、どんな検査が必要になりそうなのかを少しずつ見極めていくのが、問診の役割です。
患者が訴える症状だけを聞いて、病気を決めるためのものではありません。
正しい診断結果を出してもらい、治療を受けるためにも、先生自体の選び方というのは、とても大事になってきますので、よく見極めるようにしましょう。

    お奨めサイト情報

  • 人には話しづらいようなことでも、じっくりと話を聞いて心の悩みや不安を解消してくれる精神科を名古屋で探しているなら、極力薬に頼らず人間の自然治癒能力を活かした治療法で、症状の改善に努めてくれるのでおすすめです。